社会保険労務士を知り尽くすクリエイティブ1分マガジン

SHAROKS

労働基準法

労働基準法

【給料を本人以外に支払うのはダメ!】賃金の直接払いの原則について解説します!【未成年者の親でもダメ!】

仕事をする上で労働者にとって一番重要になのは、やはり給料です。 お金がなくては労働者は生活をしていくことができませんので、当然の事です。 その給料の受け渡しについて、労働基準法では、賃金の直接払いの原 ...

労働基準法

【労働基準法】労働者への国籍・信条・社会的身分の差別は禁止です!その均等待遇とは?

労働基準法では、職場での差別を禁じています。 ただし、この法律に接触する場合の「差別」については、ある一定の定められた理由に対しての差別を禁止しているのです。 日本の企業の健全な成長を後押しするにはと ...

労働基準法

【休憩がとれない?】法律で定める休憩時間とは?その自由利用・時間数・適用除外など詳しく解説しています!

労働者が業務中に休憩するかどうかについては、会社やその労働者が決めるのではなく、労働基準法にてそのルールが明確に定められています。 会社はそのルールに従って法律通り、あるいは法律以上の休憩を与えなけれ ...

PR

労働基準法

【残業代を払わなくてよい?】変形労働時間制とは何か。そのメリット・デメリットを解説します

変形労働時間制を簡単に説明します。 会社でものすごく忙しい時期と、仕事が何もなく暇な時期がある場合に、 それに合わせて、労働時間を決めることができるといったイメージです。 労働基準法では、労働時間を1 ...

労働基準法

【外国人の年末調整】国外に扶養親族がいる場合の扶養控除の方法を解説します

近年の日本での労働者における外国人労働者の割合は、増えていく傾向にあります。 そんな中で、日本に働く為に来日した外国人の方には、母国に妻や子供を残しているケースも当然あるわけです。 そのような外国人社 ...

労働基準法

従業員が死亡又は退職した時の給料は7日以内に返還しなければならない?解説していきます!

法律で、会社は従業員が死亡又は退職の場合において、まだ払われていない給料や積立金などの請求が権利者よりあった場合には、7日以内に返還しなければいけないと定めています。 今回は、労働基準法に定める「金品 ...

強制貯金の禁止とは?

労働基準法

【罰則あり】会社が給与を強制貯金する事は禁止されています!任意貯金は要件あり!

会社が、労働契約に付随して強制的に貯蓄の契約をさせ、または貯蓄額を管理する契約をすることを法律で禁止されていることをご存知でしょうか。 給料を強制的に貯金させ、会社が貯蓄金を管理するという事は、労働者 ...

PR

労働基準法

労働基準法が適用されない労働者とは?労働時間、休憩、休日が適用除外の人もいます!

労働基準法は、全ての労働者に適用されるわけではありません。 適用除外となる例外もあるのです。 同居の親族のみを使用する会社や,家事使用人,公務員,船員については適用除外として定められています。 今回は ...

労働基準法

【衝撃】ダブルワークの方は必見!複数の会社の労働時間を合わせて残業代は計算します!

アルバイトを掛け持ちしている学生や、複数の事業所で勤務している労働者もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 近年では、国の政策にも後押しされ、「副業」がトレンドになりつつあります。 そこで問題と ...

労働基準法 労災保険

【健康診断は労働時間?】会社の健康診断は義務なの?パートも対象?詳しく解説します

会社にお勤めの場合は、健康診断を定期的に受ける義務があります。 これは安全衛生法にて定められた事業主または労働者に科せられた義務になります。 ただし労働契約の内容によっては健康診断を受けなくてもよい場 ...

労働基準法

【2020年10月から】最低賃金が決定!月給の時給換算額の計算方法も公開します!

2020年10月からの最低賃金額が決定しました 最低賃金額は各都道府県ごとに異なります。 2020年10月からの地域別最低賃金とその発行日は、下表にて確認してください。 10月に勤務した分からの適用と ...

PR

労働基準法

【労働者の意思に反して労働を強制してはいけない】労基法で最も罪が重い強制労働の禁止とは?

現代社会では、もはやありえないことかもしれませんが(願望)、暴力や金銭的な圧力、例えば借金を背負わせることで本人の意思に反して無理やりに働かせるなど、奴隷のような労働を強いた場合、労働基準法では最も罪 ...

労働基準法

【正しい給与計算】給与額・残業時間の端数処理は切り捨ててもよいの?

残業代を計算した場合は、残業時間に時給単価を掛け算して、割増率をさらに掛けます。すると当然、計算結果には小数点以下の端数が生じます。 給与計算についての端数処理のルールは労働基準法の通達で定めらていま ...

労働基準法

【正しい給与計算】遅刻した場合の賃金カットは違法なの?それとも合法?

遅刻をしたときに、その遅刻した時間分以上の賃金額をカットされた場合、これは違法なのでしょうか。はたまた合法となるのでしょうか。 これは大きな労使トラブルにもなりうる案件ですので、労働者も経営者も正しい ...

労働基準法

【就業規則作成は義務】労働者が10人を超えたら就業規則を作成しよう

会社にはそれぞれ会社独自のルールがあります。それが社長の頭にだけあって、ころころと変わるようなものはルールとは言えませんね。 きっちりと文章にて明文化して従業員の誰もがいつでも確認できないといけません ...

Copyright© SHAROKS , 2022 All Rights Reserved.